• All
  • GioithieuveSulecoAbout
  • GioithieuveSulecoAbout-Procedure Suleco
  • 情報

情報

TRAN THI THUY THIEN - 「介護の仕事で日本に来て、自分自身を見つけました。」

「どんな仕事を選んでもいい。その仕事をしている時に、自分が自分らしくいられて、社会の役に立つことができ、周りの人たちが笑顔になると自分も幸せを感じられるなら、それでいいんだよ。」。これは、出国前に父親がTHUY THIENさんに送った言葉です。  TRAN THI THUY THIENさんは、QUANG NAM省THANG BINH郡出身で、現在日本で介護実習生として1年目を迎えています。父親からの言葉は、彼女にとって大きな励みとなり、介護の道を歩む原動力となっています。  「現在、私は日本の山口県で生活し、働いています。毎日が新しいことを学び、経験する貴重な機会です。私の仕事は、自分自身にとって有意義だけでなく、ケアしている高齢者の幸せと健康にも大いに貢献していると確信しています。 介護業界に進む決断 日本の技能実習生プログラムに参加する前に介護業界に進むことを決断したのは、高齢者ケアに対する情熱と愛情からでした。それは、事前に慎重に考え抜かれた決断でした。高校を卒業した後の仕事を通じて、収入を得るだけでなく、自分自身と周囲の人々に幸せをもたらすことの重要性に気づきました。 日本で介護業界に進むことを決意したのは、私の人生において重要な「マイルストーン」となりました。これにより、専門知識へのアクセスやこの分野での実践的な経験を得る機会が開かれました。施設で高齢者とコミュニケーションを図ることで、自己鍛錬やケアスキルの向上を目指し、彼らとの親密で有意義な関係を築くことができました。 SULECOでの介護学科は、私にとって成長への大きな助けとなる「頼もしい友人」 SULECOでは、介護学科を通じて多くの重要で価値のあることを学びました。まず、介護学科の訓練期間は他の技能実習生プログラムよりも長く設定されています。この長期にわたる学習期間のおかげで、高齢者ケアの仕事の特性や要求を深く理解することができました。これにより、専門知識をしっかりと身につけるだけでなく、高い技能と日本で効果的に働くための語学力の要求にも応えることができるようになりました。 学習期間を経て、THIENさんは正式に卒業し、日本への出国準備を整えました。  SULECOでの生活は、言語や専門知識の学びにとどまらず、寮生活を通じて規律や集団生活の意識を養うこともできました。この環境で学び、生活することで、積極的に変わり、日々の仕事や生活においてより主体的になることができました。さらに、SULECOのプログラムでは、介護業界の仕事環境や仕事内容をより深く理解するための実習の機会も提供されました。これにより、実際の仕事に備えて総合的な視野を持ち、最善の準備を整えることができました。  さらに、日本での仕事に備えるためには、日本語をN4レベルまで学び、定期的に会話を練習することも重要な準備の一環です。これらのスキルは必須条件であるだけでなく、実際の仕事においてケア対象者や同僚との関係を築くのに非常に効果的です。 「献身的で、心からの思いやりがあり、寛大である」 – これが介護業界から感じ取った3つの特徴です。 介護は単なる職業ではなく、崇高な使命です。この道を選ぶ人には、熱意と献身が求められます。働いてきた時間を通じて、この仕事は私に忍耐、熱意、そして他者への尊重を教えてくれました。 学業や職業を選択する際、誰もが良い収入を得ながら自己成長し、社会に意義をもたらす仕事を選びたいと思います。私は、介護という高齢者ケアの分野が若者にとって目指すべき「美しい」道であると感じています。 私はどこかで「介護は高貴で敬うべき職業だ」と聞いたことがありますが、その意見に非常に同意しています。この仕事に従事する人々は、単にお年寄りを家族の一員のようにケアするだけでなく、最も簡単なことから有意義な交流の瞬間までを提供し、老後という困難な時期に直面する彼らの精神的健康を改善する手助けをしています。そのため、介護業界は日本の人々にとって必要不可欠であるだけでなく、祖国ベトナムを含む他の国々にとっても非常に重要です。 3年後、より完成された介護実習生として成長する。 日本で新しい文化を体験するだけでなく、将来の安定と確固たる職業を築くことを目指しています。 長期目標は、日本での実習プログラムに参加し、経験を積むことにとどまらず、専門知識を深め、成長し続けることです。実習完了の前に、介護福祉士の資格を取得し、この分野での能力とプロフェッショナリズムを証明することを計画しています。これにより、職業の機会が広がるだけでなく、日本とベトナム両国における高齢者ケアの分野で重要な役割を果たすための大きな一歩となります。 自分が選んだ仕事を深く理解し、学び、訓練を受けることで、より成熟し、あらゆる挑戦に立ち向かう力を身につけることができると信じています。したがって、社会に価値をもたらす仕事に情熱を持っている方には、介護の分野をぜひ検討していただきたいと思います。介護の道を選び、安心して自分の情熱を追求してください。 この共有を通じて、キャリアの方向性を探している方々に少しでもインスピレーションと励ましを提供できればと願っています。私たちはコミュニティや社会に対して積極的な変化をもたらすことができます。ご清聴、心から感謝いたします。」

実習生であるLE THI LINH SAOより 「家族は私の最大の心の支えです。」

SULECOの実習生サポートセンターを通じて、日本での勤務中の実習生に12月の日本語の能力試験JLPT で合格のお祝いを伝え、彼らの意見や感情を聞く機会をいただきました。特に、日本の長崎県で食品加工業を専攻する実習生であるLE THI LINH SAOの共有を伺いました。 勉強法を共有していただけますか。日本に行って働きながら、半年以上もの間勉強して、そのような結果を出すためにはどうすればよいでしょうか? 私の勉強法はかなりシンプルです。常に1時間の休憩時間など、自分の空き時間を活用し、N4試験の漢字に重点を置いた練習問題を解くよう努めました。朝は早起きして新しい単語を覚え、TikTokなどのSNSで日常生活や仕事でよく使う日本語を学びました。 TikTokで見つけた聴解問題を活用し、実践的なリスニング力を養いました。教科書よりもリアルな日本語に触れることができ、効果的な学習方法だと感じています。仕事終わりには、リラックスしながら過去のN4試験問題を解き、文法や問題形式の理解を深めました。日本語学習アプリも併用することで、総合的な日本語力を着実に高めてきました。 結果を調べた時の感情はどうでしたか?結果には満足していますか。 1ヶ月間一生懸命勉強したので、試験結果を見た時は、合格できて嬉しかったと同時に、目標としていた点数には届かなかったため、悔しさも感じました。今年の試験は比較的簡単だったので、目標としていた点数に届かず、もっと頑張らないといけないと感じました。 日本に来る目的が収入を増やすことだけの人もいますが、あなたはどうですか?もっと大きく、意味のある目的はありますか。 幼い頃から両親に「一生懸命勉強しなさい。成功への道は知識しかない」と教えられてきました。しかし、若気の至りで道を誤り、大学を半年で中退してしまい、両親を深く失望させてしまいました。日本に来てからは、N2取得を目標に、仕事と日本語学習を両立させています。同僚との日常的なコミュニケーションを通して、実践的な日本語が自然と身につき、職場での意思疎通もスムーズになりました。また、働くことで得られる収入は、家族への経済的な支えにもなっています。現在の生活には満足していますが、同時に、帰国後のキャリアを見据え、N3以上の日本語能力証明書の取得を目指しています。「机上の学習だけでなく、実践を通してこそ真の学びがある」という信念のもと、日本での3年間を最大限に活かしたいと考えています。 自分を毎日頑張らせる動機となるものは何ですか。 多くの実習生がそうであるように、私にとっても「家族」はかけがえのない存在です。両親の深い愛情と温かい言葉は、常に私の心の支えであり、困難な時にも乗り越える力を与えてくれました。「努力は決して無駄にならない」「謙虚さを忘れず、周りの人々と協力することの大切さ」といった父の教えは、私の人生の指針となっています。日本に来て、親が私たちを育ててくれた苦労を身をもって感じ、感謝の気持ちがより一層深まりました。 職場環境や人間関係はどうですか。何か困っていることや課題はありますか。 職場環境は大変恵まれており、設備も充実しています。同僚たちは私の学ぶ姿勢を温かく見守り、仕事を通して日本語を教えてくれるなど、親身になってサポートしてくれます。また、現地の方々との交流を通じて、日本語だけでなく日本の文化や習慣についても多くのことを学んでいます。日本での生活はまだ始まったばかりですが、日本人の親切さや学ぶ意欲を尊重する姿勢に深く感銘を受けています。 今後、さらに上の資格取得を目指して勉強を続けますか。 N4試験合格を一つの区切りとして、現在はN3の学習に励んでいます。これからも、向上心を忘れずに学び続け、より高い日本語能力の習得を目指します。

SULECOのトレーニングプログラムにおいて、学生が日本に渡る前に身につけておくべきスキル

「日本での生活および実習生活において必要なスキルを身につけるための基本トレーニングプログラム」は、学生が実習生として滞在する期間中に事前に知識を得るのに役立つものです。さらに、このプログラムは、学生が生活の中で生き抜くためのスキルをしっかり理解し、実際の仕事や日本での日常生活において発生する様々な状況に適切に対処する方法を学ぶことを目的としています。 「日本での生活および実習生活において必要なスキルを身につけるための基本トレーニングプログラム」を通じて、学生は何を学ぶのでしょうか? 参加する際、学生は論理と実践の両方を通して知識を習得し、以下のスキルを養うことになります。 どのような対象者がプログラムに参加できるのでしょうか?このプログラムはSULECO専門学校の学生を対象に設計されています。・人数:約40〜50名・期間:57コマ(6つのスキルに対して) 具体的なスキルトレーニングプログラムの内容はどのようになっていますか?知識は、多様で実践的な演習、シナリオ、およびゲームを通じて教えられます。現実的なイメージの使用することにより、学生を教訓を得て、知識を増やし、自信を高めることに役立ちます。 また、トレーニングの過程で学生は速やかに実践し、指導者から効果のない行動、言動、習慣、傾向を指摘されます。これにより、学生は直ちに自己調整し、トレーニング外でもスキルを維持する力を得ることができます。 科目を修了した後、学生は以下の基準に基づいてスキルトレーニングプログラムの成果を評価されます。 ・認識:学生は学んだ知識やスキルを覚え、認識する必要があります。・理解:学生は正確に知識を表現し、スキルを正しく説明し、学習上のシナリオや問題を解決するためにそれらのスキルを理解する必要があります。・適用:学生は学んだ知識やスキルを活かして、学習した事象と同様の状況や課題を成功裏に収めることができるようになる必要があります。 つまり、スキルトレーニングプログラムに参加することで、学生は速やかに「日出ずる国」の文化、国、人々に順応し、対応する能力を身につけることができます。それにより、積極的な思考法が形成され、早期に身につけることで、学生自身と現在の居住国に多くの利益と価値をもたらすことができます。 スキルトレーニングプログラムに加えて、SULECOでは、異なる資格で日本に渡航を希望する学生に対して専門職業トレーニングプログラム、特に、日本語トレーニングプログラムも提供しております。さらに、活気ある学習環境を体験できるだけでなく、SULECOでは、毎月の学習成績に基づく奨学金および日本語能力試験N5以上を取得した場合、8〜28百万ドンの奨学金などの魅力的な奨学金プログラムもご用意しております。 詳細につきましては、下記のホットラインにご連絡いただくか、以下にあるお近くの各拠点まで直接お越しください。・SULECO本校:ホーチミン市 THU DUC 区 PHUOC BINH街 3大路 165番地・HUE校:HUE省 HUE市 PHUONG DUC街 PHAN CHU T RINH 通り12号・QUANG NAM 駐在員事務所:QUANG NAM 省 TAM KY 市 AN MY 街 LY THUONG KIET 通り 236号・日本駐在員事務所:愛知県名古屋市中村区名駅3-20-20 名駅錦ビル 6階ホットライン:0901 494 233

SULECOと共に日本の伝統文化芸術の世界へ! 2024年3月11日

先日、海外実習生技術者派遣サービス株式会社(SULECO)は、日本文化交流団体JAPAN FOLK FESTIVAL(JFF) と共に「日本の祭典2024」を開催いたしました。本イベントでは、40名を超えるアーティストが参加し、15を超える日本の伝統芸能が披露されました。 科学技術の発展のみならず、日本は奥深い伝統芸術を有する国としても知られています。それらの芸術は「桜の国」ならではの美しさを織りなし、独自の文化を形成しています。 着物 – 祭りで欠かせない衣装の一部 「短い旅から世界的な文化交流へ」というスローガンを掲げ、JFFは日本の伝統文化とパフォーマンス芸術をベトナムをはじめとする世界各国に発信してきました。今回のイベントでは、伝統的な要素と現代的な旋律が融合した、独創的で魅力的な芸術作品が多数披露され、観客を魅了しました。 このプログラムには、ホーチミン市内外の大学や専門学校から多くの学生が参加しました。例えば、西都大学、ホーチミン市文化大学、ヴィンロン技術師範大学、ニンタン職業短期大学、外交経済短期大学、カントー医療短期大学、ドンナイ医療短期大学、ベトナム工業短期大学、トゥドゥック工業技術短期大学、工業技術短期大学2などが名を連ねています。 SULECO専門学校のキャンパスは、40名以上のアーティストによる15を超える多彩なパフォーマンスで彩られ、「小さな芸術舞台」へと変貌しました。日本の哲学と文化の本質を体現するパフォーマンスの数々は、観客を魅了しました。 「石鹸の泡の中の小宇宙」をテーマにしたアーティスティックな絵画展示、ドラム、琴、竹笛、琵琶、鼓、小鼓などを取り入れた華やかな花道演技、伝統的な仏教音楽(声明)の荘厳な響き、華やかな着物のパフォーマンス、巧みな和妻のマジックショー、力強い太鼓の演奏、哀愁漂う三味線の音色、優雅な伝統日本舞踊など、多岐にわたる舞台芸術が繰り広げられました。 また、将棋のワークショップ、藍染め布の紹介、和菓子作り体験、盆踊り、華道といった、日本の伝統文化を体験できるワークショップも多数開催され、参加者は日本の文化に触れ、楽しむことができました。キャンパス内には、日本風のフォトスポットやレクリエーションゲーム、屋台も設置され、賑やかな雰囲気に包まれました。 長年にわたり日本国立劇場で活躍し、歌舞伎の演出にも携わってきたJFF代表は、特に伝統的な仏教音楽のパフォーマンスについて、その歴史や精神性、舞台演出の工夫など、深い洞察を共有しました。 SULECO MAN POWERのグエン・タイン・ビン副社長は、「本イベントは、SULECOとJFFが目指すコミュニティ価値の創造に大きく貢献するものです。今後も、このような意義深く、人々に楽しみと学びを提供するイベントを積極的に開催していく予定です」と述べました。 このイベントは、芸術鑑賞の機会を提供するだけでなく、日本の伝統文化の独自性を深く理解できる貴重な場となりました。コミュニティ価値の向上を目指し、SULECOは今後もこのような活動を企画・発展させていく予定です。 SULECOの学生たちにとって、このイベントは日本文化を直接体験し、知識を深める絶好の機会となりました。また、今後の日本での実習や就業に向けた準備としても、非常に有意義な経験になったことでしょう。 それでは、イベントの様子を写真でご覧ください。

SULECOはベトナムの看護学生が日本の介護業界にアクセスするための体験活動を推進しています。

介護は、日本で需要が高い職業の一つとして知られており、若い労働者、特にベトナム市場を見据えています。 魅力的な給与、安定した現代的な労働環境に加えて、日本の介護実習生は専門知識をさらに発展させる機会が豊富です。 日本法務省長葉梨康弘氏の発表によると、2022年にベトナムの労働傷病兵社会省長DAO NGOC DUNG様と面会した際、日本政府の方針は外国人技能実習生向けの職業や分野を徐々に拡大することであり、その中でも最優先されるのは介護分野であると述べられました。 この分野で働くためには、優れたコミュニケーションスキル、感情のコントロール、心理的安定性、責任感とストレス耐性が必要です。 介護労働者は、高齢者の生活をサポートし、食事や衛生面、精神的な側面など、生活全般においてより快適に感じられるような役割を果たしています。 SULECOの教育管理・職種訓練部長であるNGUYEN THANH PHUONG TRAMによると、「日本の介護施設で技能実習生になるためには、看護や医学の専門知識を持つだけでなく、日本語能力試験(JLPT)のN4以上の資格を取得する必要があります。看護や医学の専門知識を持たない人にとっても、SULECOは高齢者の介護の基礎級コースを通じて必要なスキルを提供します。」とのことです。 ベトナムで40年以上もの間活動している会社の1つであり、日本のパートナーや監理団体との協力関係を築き上げてきたSULECOは、きちんと設計されたトレーニングプログラムや教育活動に取り組んできました。これにより、日本への就労を希望する労働者をサポートし、言語の習熟度を向上させ、礼儀作法や文化についての知識を最適化し、日本の雇用主からの厳格な要求に応えることができるよう支援しています。 日本の介護業界での若い労働者の需要と知識およびスキルに応じた市場の要求に基づき、SULECOは言語能力や専門知識に関するトレーニングプログラムの実施に加えて、その他の活動にも注力しています。 その中でも、SULECOの「日本での実地介護体験」奨学金プログラムがあります。このプログラムは、ベトナムの看護学生が実際に日本で介護を体験する機会を提供します。SULECOによって約30.000万ドンの費用を全額補助して、看護学生全員が対象となります。 公募開始後90名以上からのベトナムの介護業界や日本全体の介護の重要性についての感想を発表する応募作品を受け取りました。 選考の結果、HONG BANG国際大学、TAY DO大学、SAI GON医薬大学、CAN THO医療大学、およびSULECO専門学校からの7名の優れた応募作品を選出しました。 7名の看護学生は、2023年8月4日から8月8日までの4泊5日の期間、日本での移動、宿泊、食事費が全額負担されます。 日本の大阪、神戸、京都、広島、岡山などの有名な都市や観光地を巡る旅路の中で、各看護学生はSULECOが提携している介護施設での環境や業務内容を直接学び体験する機会が与えられます。また、同じ専門分野の専門家との交流や、現地で働いている技能実習生との経験や知識の共有も行われます。これにより、彼らは将来優れた看護師になるために必要な知識を蓄積し、成長することができます。 SULECO専門学校の校長、PHAM QUOC THANGは次のように述べています。「この実地介護体験を通じて、7名の看護学生が日本の介護業界に関する貴重な教訓と有益な知識を獲得し、自身の情熱に役立てることを期待しています。SULECOは、全国の学生や生徒を対象に、今後も有益な活動を続けて提供していく予定です。」

SULECOの優秀な技能実習生の物語ー中部地方の各省を巡る旅 

日本での学習と仕事の過程で多くの良い成果を上げた技能実 習生の精神を励ますために、SULECOは中部地方の各省の尊敬される保護者に意義深い訪問を行いました。  SULECOの代表である実習生サポートセンター部長HOANG THI NGOC THANH及び中部支店長MAI QUANG CHINH はQUANG NGAI省、HUE省、QUANG TRI省、QUANG NAM省などの地域にある以下の技能実習生の家族を訪問しました。  Le Hoang Ha, Phan Ngoc An, Do Ngoc Hau, Phan Thanh Quoc – Phan Thanh Tuan, Le Duy Tin – Le Duy Nhat, Tran Dinh Nhanh – Tran Thi My Le, Cai Quoc Viet Duc, Nguyen Thi Lua, Hoang Thi Ny, Tran Phuoc …

SULECOの優秀な技能実習生の物語ー中部地方の各省を巡る旅  もっと »

SULECOは、心理学博士NGUYEN HOANG KHAC HIEUと共に、大学生向けのワークショップシリーズを開催しました。

知識やスキルを向上させ、学生が学業とキャリアの方向性を持つことを支援するために、2023年9月27日・28日の2日間、カントー医療大学とタイドウ大学においてSULECOと各大学の代表が共同で「人生計画の構築」というテーマのワークショップを開催いたしました。 キャリアと人生の発展に関するトピックは、大学生にとって馴染みのあるものであり、彼らのキャリアについて意思決定をする際に役立つツールでもあります。 しかしながら、明確で適切かつ効果的な方向性を見出すことは、多くの大学生が大学卒業後キャリアの発展と構築の道を歩む際に直面する課題です。 そのため、「人生計画の構築」というテーマのワークショップは、ベトナムの大学生に生活スキルを研究し、数年の教育を持つ講師である心理学博士NGUYEN HOANG KHAC HIEUの指導のもとで主催され、約1000人の大学生と教員からとても強い関心 を受けました。 ワークショップで共有された内容は、自己位置づけのスキル、DISCテストを通じて自身の強みと弱みの特定、卒業後の方向性などです。また、講師は、現実に沿った多くの物語や、思考力を持った質問、好奇心を刺激する短い実践課題を提供しました。これらは、各学生の異なる視点、興味深く客観的な観的で、論理的な反論 の多様性とともに、会場全体の雰囲気を活気づけました。 SULECOの代表であるNGUYEN THANH BINHは、「ワークショップは大学生にとって身近なイベントの1つであり、多くの大学生が関心を持ち、理解したいと思っていることに焦点を当てています。SULECOは、日本でのキャリアチャンスを特に指向することで、学生が積極的に聞き、情報を共有し、交流する機会を提供するために、今後もこのような活動を積極的に作り出しています。」と述べました。 

2023年の「輝く夏」をテーマにした七夕祭りの魅力

2023年7月7日、SULECO主催の七夕祭り「輝く夏」が正式に開催され、ホーチミン市内の大学や短期大学の500人以上の学生が参加しました。 この祭りはSULECO専門学校の年間恒例行事の一つであり、全ての学生に新しい体験の場を提供し、日本の文化や人々と早期に交流する機会を持ってもらうことを目的としています。この有意義な活動を通じて、「桜の国」への新しい旅路に向けての準備を整えていきます。 お祭りでは、SULECO 専門学校の校長であるPHAM QUOC THANGが次のように開会挨拶がありました。「SULECO専門学校の学生たちの今の姿は、まさに彦星と織姫の物語のようです。この祭りを通じて、学生たちが日本の文化により一層近づくだけでなく、将来日本での夢を早く叶えるための知識やスキルも提供できることを期待しています。」 学生同士のつながりと共有の精神を高めるために、お祭りではさまざまな楽しいイベントが行われました。これには、提灯展示、ゴールデンベルによる競技、さまざまな運動競技、および多様なパフォーマンスが含まれています。 多彩で魅力的な提灯で幕開けされ、それぞれがシンプルな素材から作られていながらも、洗練された作品です。特に、各作品は独創的な意味を表現しています。審査員は最も優れた4つの提灯を選出しました。これらの提灯は、デザインや装飾だけでなく、ベトナムと日本の文化や人々との深い関わりを表現しており、N03C、N06、N04B、N03-01のクラスから選ばれました。  興奮冷めやらぬ中、「ゴールデンベルによる競技」が行われ、12個のクラスから36人の参加者が集まりました。日本の生活や人々に関する一連の質問の後、最も優れた顔としてN11クラスからMAI HO HAI DANGさんが選ばれました。 続いて、チームワーク精神を高める多くの運動ゲームが行われました。水を瓶で渡していくゲーム、ロープで人を運ぶ、そして金の卵を産む鶏などといったさまざまなゲームが開催されました。また、校庭には魅力的な飲食ブースも設置され、すべての学生と招待客にサービスされました。 特に、お祭り終了前の最後の2時間余りには、ベトナムの故郷の色彩と日本の精神を持つ12チームの斬新なパフォーマンスが登場し、非常に活気に満ちた印象的な雰囲気を作り出しました。 七夕祭(たなばたまつり)は何でしょう! ベトナムや他のいくつかの東アジアの国々と同様に、日本にも七夕と呼ばれる伝統的な祭りがあります。 8月の始めになると、日本の人々は依然として旧暦7月7日の爽やかな雨を楽しみにしています。伝説によれば、この雨は1年ぶりに再会した牛飼いの彦星と織姫天女の涙だとされています。 彦星と織姫の恋物語は、ベトナムの人々には馴染みのある牛郎と織女の物語と非常に似ています。この日に日本においては、彦星と織姫の愛を称えるだけでなく、七夕祭りと呼ばれる伝統的な祭りが開催され、様々な伝統的な催し物が行われます。